丸亀市のはるかぜ接骨院は雑誌に紹介された整体が評判!

はるかぜ接骨院


正座すると足が痺れる人

正座すると足が痺れる本当の原因

正座が苦手な人って数えきれないほどいますが、足が痺れるからですよね。

では、なぜ足が痺れるのかと言えば、膝を曲げて体重をかけると血流が悪くなって、足が酸欠になるからです。


では、更に掘り下げて、血流が悪くなるのは何故かと言いますと膝関節が硬いからです。

膝関節の動きが悪くなる理由の一つに腰の硬さがある

腰の根っこの辺りが硬いと、実は骨盤が後に傾くので太ももの筋肉に力が入るようになります。そうなると膝関節の動きに制限が掛かりますので膝関節が十分に曲がり切らない状態になるのです。

そうなると正座をする時に太ももの筋肉がさらに緊張して血管を圧迫するので血流が悪くなるのです。


操体法では、腰椎の一番下の硬さを改善する方法が3種類あります。同じ場所を改善する方法ですが、結果が変わりますので使い分けています。


そのうちの一つの方法で腰椎の一番下の部分をリリースすると、膝関節が曲がりやすくなり、正座をしやすくなるのです。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

はるかぜ接骨院のご案内

住      所:
〒763-0082
香川県丸亀市土器町東3丁目53-2
アクセス:
ハローズ丸亀店より車で北に1分
JR予讃線 丸亀駅より車で10分
お問い合わせ・ご予約
0877-85-9788
営業時間:
月・水・金
9:00~12:00/14:00~21:00
(最終受付:20:00まで)

9:00~12:00/14:00~18:00
(最終受付:17:00まで)

9:00~12:00
(最終受付:11:00まで)

9:00~15:00
(最終受付:14:00まで)
休業日:
木曜日の午後、日曜、祝祭日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ