丸亀市のはるかぜ接骨院は雑誌に紹介された整体が評判!

はるかぜ接骨院


温病という現象(新型コロナで重症化しない為の一つの秘訣)

こんにちは☀
漢方薬剤師でありながら整体師をしている院長です♪

新型コロナの影響で一生忘れられない春がやってきましたが、9年前の東日本大震災に比べると全然ダメージは少ないのではないでしょうか?

さて、漢方の世界では『温病(うんびょう)』という病気があると2000年前の書物に書かれています。


これは冬の間に身体を冷やしすぎると、春になって気温が上がってきたときに身体が火照って、倦怠感が出るという現象のことを指しています。現代医学ではこういった症状を病気とは判断されないのですが東洋医学では病気になる第一段階の『表実証』として敏感に捉えているのです。


なぜこういった現象が起こるのかと言いますと、冬に身体を冷やし過ぎたら汗腺が開きにくくなるので、春になって汗をかきにくくなることで身体の熱をコントロールできなくなるのが原因だと言われています。


またこういう時には、『葛根湯』や『麻黄湯』などの発汗剤を一定期間服用しておくと体質が改善されるのですが、放置しておくと風邪を引いた時に重症化しやすいという特徴があります。



他にも対策として…
  • 毎日15分程度の軽い運動をして、にじむ程度の汗をかく習慣をつける
  • お風呂では湯船に長めに入り、十分に身体を温める
  • 岩盤浴などで汗をかく
など…


運動不足の人が急な運動が出来ない様に、汗腺もいつでも動けるように普段から軽く刺激をしておくことが大切です。


新型コロナで重症化しないためにも、普段からの体調管理はとても大切なのです。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

はるかぜ接骨院のご案内

住      所:
〒763-0082
香川県丸亀市土器町東3丁目53-2
アクセス:
ハローズ丸亀店より車で北に1分
JR予讃線 丸亀駅より車で10分
お問い合わせ・ご予約
0877-85-9788
営業時間:
月・水・金
9:00~12:00/14:00~21:00
(最終受付:20:00まで)

9:00~12:00/14:00~18:00
(最終受付:17:00まで)

9:00~12:00
(最終受付:11:00まで)

9:00~15:00
(最終受付:14:00まで)
休業日:
木曜日の午後、日曜、祝祭日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ